古書ってどんな本のこと?|古くなってしまった本の処分なら古書の買い取りがオススメです

古くなってしまった本の処分なら古書の買い取りがオススメです

古書ってどんな本のこと?

読書している女性

昔から本が好きだったから、自宅にはたくさん本があるけれど、どういった本を古書というのかよくわからない人もいるのではないでしょうか。
古い書と書いて古書なので古くなった本のことを指しているであろうことはわかりますが、古くなった本全てを古書というわけではありません。
自宅に古書があるかどうか調べたいけれどそもそも古書ってどんな本のことなの?と疑問に思ったことがある人のために、古書についてここで説明します。

古書というのは既に絶版になっており、一般書店で購入できなくなってしまった本のことです。
その本を出していた出版社に直接注文しても原版がないので増刷することができず、入手することはできません。
そのため、古書になった本には自然と希少価値が生まれ、多くの場合、定価よりも高い値段で取り扱われます。
また、古書という言葉の中にも新古書という言葉があり、これは誰の手に渡ったことがないけれど古本扱いになっている本のことを指します。

同じような印象を受ける言葉では古本がありますが、古本は一度でも他の人が購入したことがある本のことで、一般書店でもまだ取り扱われています。
通常の流通経路で取り扱われて販売されている本で、他の人が購入したことがある本を古本と呼ぶようです。
古書と古本ではこのような違いがあるというわけなんですね。

自宅にある本が古書かどうか知りたいときは、その本が絶版になっているかどうかを調べると最も手っ取り早く知ることができます。
もし絶版になっていたらそれは古書になりますので、古書の買い取りを行っている書店へ持っていき、お得に本棚の整理をしちゃいましょう!